武蔵野市のコミュニティバス


武蔵野市ではムーバスというコミュニティバスを運行しています。

お年寄りが市長に手紙を出したことをきっかけに事業化されたコミュニティバスです。

 

ムーバスは、廃止代替バスや福祉バスではない、行政主導の一般乗合のコミュニティバスとして全国で初めてH7年に運行開始されました。

交通空白・不便地域を解消し、高齢者や小さな子ども連れの人など、全ての人が気軽に安全に、街に出られるようにすることを目的としています。

 

ワンコイン100円の運賃で200m間隔を基本としてバス停を設置しています。

年間260万人が利用しており、市民1人あたり年間18回乗車している計算になります。

 

ムーバスは民間バス事業者に委託して運行していますが、

行政の補助額は昨年度で年間5600万円ほどで、

1回あたりの乗車に換算すると20円ほどの補助額となります。

現在、武蔵野市の高齢化率は22%。

平成3年は11.7%だったので高齢化は進んでおり、

コミュニティバスのニーズは増えているとも言えます。

 

鶴見区でもコミュニティバスを求める声は多くあります。

以前、鶴見区では試験的にふれあいバスというのを運行していましたが、

利用率が低かったために廃止となりました。

ふれあいバスは本数が少なく使い勝手が悪かったこともあり、

利用率が上がらなかったのかも知れません。

 

もっと本格的に運用をすれば利用率も上がるかも知れません。

武蔵野市の人口は鶴見区の半分で面積は鶴見区の3分の1くらいです。

 

単純比較はできませんが、人口密集率で言うなら、莫大な補助金を投入しなくても、

鶴見区でも、ある程度採算が合う運用ができるのではないかと考えます。

今後も、高齢化と移動手段の在り方については調査研究を続けてみたいと思います。

About Author: としひこ有村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です